{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009035752727   整理番号:68A0044390

原子炉停止測定のための漸近中性子源法

I The asymmetric source method of measuring reactor shutdown
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 332-341  発行年: 1968年
JST資料番号: D0212A  ISSN: 0029-5639  CODEN: NSENAO  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
原子炉停止(負の反応度)測定のために中性子源を用いる方法の理論的検討がなされている。原子炉に中性子源を入れ。二つの計数管を用いてそれぞれの計数率を測定する。原子炉内の中性子来は対称であり。源を入れた方の中性子来は上昇する。二つの計数率の比はこの系の未臨界度に依存している。この比があらかじめわかっておれば簡単な実験で系の未臨界度が測定できる。この論文は未臨界原子炉に源を入れた場合の二点の中性子東の比と固有値・との関係を多群拡散理論を用いて検討している;写図8表3参17
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る