{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009040360586   整理番号:68A0328418

色素光増感酸化によるたんぱく質の変化に関する研究II 光増感作用によるオボアルプミンの物理化学的変化

著者 (2件):
資料名:
巻: 32  号:ページ: 94-99  発行年: 1968年
JST資料番号: G0021A  ISSN: 0002-1369  CODEN: ABCHA6  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
メチレンプルー存在下で光照射したオボアルブミンの物理化学的変化について研究した.照射によりオボアルブミンの溶解度は著しく減少したが,その程度はpH値,イオン強度および照射時間で変化した.超遠心解析から照射によりたんぱく分子が会合することを認めた.電気泳働像の観察からオボアルブミンの3つのピークは24時間照射で1つのピークに,48時間照射で2つのピークに変化することが判明.滴定曲線の変化から照射によりPH8.0以下では結合プロトンが減少し,pH8.0以上では増加することを認めた.また,紫外部吸収スペクトルから照射により全体に吸収が増加し,吸収極大も長波長剛に移動することがみられた:参8

前のページに戻る