{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009045077530   整理番号:68A0281297

部屋の共鳴と残響時間

Resonances de salles et durees de reverberation
著者 (1件):
資料名:
巻: 22  号: 1112  ページ: 326-332  発行年: 1967年
JST資料番号: A0416A  ISSN: 0003-4347  CODEN: ANTEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
-.部屋の共振周波数の中で,特に強く共振し.他の共振周波数から離れた共振周波数の正弦波信号で部屋を励振すると.音源を取除いたあと音は一定の減衰率でこの共振周波数でのみ減衰して行く.部屋の周波数応答曲線.より,各々の共振周波数で,減衰時間に関連する通過帯域幅を定義できる.それより簡単な関係,すなわち残響時間trは共振周波数の通過帯域幅jfの逆数に比例するという関係が得られる.残響時間が0.65 sから4,0s までの三つの部屋と一つの実験室での実験結果より,わずかのぱらつきはあるがこの簡単な定理が実証されることを示す;写図7表1参4
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る