{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009050347324   整理番号:60A0062438

塩化ビニリデンの重合における酸素の役割

Роль кислорода в процессе полимеризацин хлористого винилидена.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 1239-1245  発行年: 1960年
JST資料番号: R0216B  ISSN: 0042-9368  CODEN: VMSDA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
塩化ビニリデン重合の誘導期間中に単量体が酸素と反応して固体結晶性過酸化物を形成することがよう素滴定法により確認された.反応容器中に分子状酸素が存在するとC=C-C-O-,-O-O-などの側鎖ができ,ポリ塩化ビニリデンの品質に悪い影響を与える
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る