{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009081069500   整理番号:68A0201422

ランダムな極値探索による離散形適応系

Дискретная адаптивная система со случайным пои ском экстремума
著者 (1件):
資料名:
号:ページ: 157-165  発行年: 1968年
JST資料番号: R0255A  ISSN: 0002-3388  CODEN: IATKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
系の状態はn次元のベクトルZにより示されるとする。Z離散的な時刻にランダムに変化する。Zの評価として,なめらかな凸関数Q(Z)を考える。Z=m+y(mは平均値,yは変量)とし,Zは平均値mのn次のガウス分布に従うとするとき,Qを最小とする,Zの過去の情報に基づいたmを求める方法を考察する。ランダム探索法による自己調整系の一形式を考え,求める系が同一形式回路の並列,あるいは独立な動作により実現されることを示す。このアルゴリズムを実現する系の構成を示す;写図2参2
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る