{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009100140793   整理番号:68A0124317

薬剤の NMR スペクトル的研究 II ジアゼパム,トラゼパム,およびク捻ルジアゼポキンドの立体配座と環反転

MNR-spektroskopische Untersuchung von Arzneimitteln.II.Zur Konformation und Ringinversion von Diazepam,Nitrazepam und Chlordiazepoxid.
著者 (3件):
資料名:
巻: 301  号:ページ: 444-451  発行年: 1968年
JST資料番号: A0451A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
NMRスペクトルの温度依存性の研究の結果,標題化合物は非平面、的であり,Dreiding模型で考察すると恐らくふね型の配座猿とっているらしい,NMRデータから環反転の活性化エネルギーを計算,活性化エンタルビーΔHは10.9と15.9kcal/moleの聞であ参,奮活性化エントルピームはは-3.4と-13.3cal/moldegreeの間である,温度変化にともなう実験的スペクトルと理論的スペクトルを対照させて図示;写図6表2参14

前のページに戻る