{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009100667430   整理番号:68A0037992

1形データを用い重原子位置を決めるための最良のパターソン関数

The best Patterson function for the determination heavy atom positions using isomorphous data
著者 (2件):
資料名:
巻: 126  号:ページ: 262-267  発行年: 1968年
JST資料番号: E0436A  ISSN: 2194-4946  CODEN: ZEKGA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
一方が重原子の一組の同形結晶の強度値から重原子の位置を知るには|FPH|2-|FP|2合成(PHは重原子置換体を示す),MD-二乗合成と呼ばれる(|FPH|-|FP|)2合成以外に著者等提案の|FPH|2+|FP|2-2|FPH|・|FP|W合成(Wは重み)がある。セロビオースのデータにつき,2と3番目を比較し,後者の方がMD-二乗合成よりにせのピークが減ることを示した;図1表1参9
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る