{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009110071676   整理番号:68A0142285

ラチリズムのニワトリ胚における抽出こう原質に対する抗リウマチ薬の効果

The effect of antirheumatic drugs on the extractable collagen in lathyric chick embryos.
著者 (2件):
資料名:
巻: 20  号:ページ: 564-566  発行年: 1968年
JST資料番号: C0332A  ISSN: 0022-3573  CODEN: JPPMAB  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ラチリズムを起す物質の作用を調べるために,今までは主にラットが用いられてきた。本研究は抗リウマチ薬の与える影響を確証するために,ニワトリの胚を用いた。Mサリンを使用して骨からのコラーゲンの抽出度の増加を測定し,β-アミノプロピオニトリル2.5mgがどのようなラチリズム性効果を現わすかを検討した。その結果,サリチル酸ナトリウムおよびヒドロコルチゾンを24時間後に与えると,β-アミノプロピオニトリルによって増加した可溶性コラーゲンの量が減少することがわかった;表1参13
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る