{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009114984285   整理番号:68A0163748

実験的心筋こうそく動物のストロファンチンに対する感受性に及ぼすメサトン(フェニレフリン)および塩化カリウムの効果

Влияние мезатона и хлористого калия на чувствительность животных к строфантину при экс-п е ри м е нт ал ь но м и нфарк те ми о к арда.
著者 (1件):
資料名:
巻: 31  号: 11  ページ: 77-80  発行年: 1968年
JST資料番号: R0167A  ISSN: 0014-8318  CODEN: FATOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
左冠動脈の下行枝結さつによる実験的心筋とうそく症のイヌおよびウサギでメサトンはストロファンチンによる心室性期外収縮の発現を促進する。塩化カリウムの静脈内投与は心筋こうそく症のウサギのストロファンチンへの感受性には影響しないが,メサトン投与時に生ずるスト切ファンチンへの感受性増大作用に対しては抑制的に働く;表参参6

前のページに戻る