{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009124072128   整理番号:68A0179473

巻取紙内の応力の計算式

Formulas for computing the stresses in center-wound rolls.
著者 (1件):
資料名:
巻: 51  号:ページ: 176-179  発行年: 1968年
JST資料番号: E0201A  ISSN: 0039-8241  CODEN: TAPPA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
巻取り時の張力,中心よりの距離,巻取り直径および紙,巻取り,巻しんの弾性の関数として巻取紙内の紙表面間圧力と紙の引張応力を計算する式を求めた。前提として,巻取りはシリンダー状である,紙匹は均一で薄く,曲げ抵抗はゼロ,応力の分布は巻しん軸に対して等方的で軸からの距離が一定なら差はない,非弾性的変形は起らない,紙間のずれ移動は巻取るときにしか起らないと仮定した。紙表面間圧力と引張応力は密接に関連している。J.D.Pfeifferの経験的データと非常に類似した結果となった;写図6参6
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る