{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009130588870   整理番号:68A0047413

Drying Setを生じた材の引張強度と弾性係数

著者 (2件):
資料名:
巻: 14  号:ページ: 172-174  発行年: 1968年
JST資料番号: F0852A  ISSN: 0021-4795  CODEN: MKZGA7  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ヒノキ単板の半径,繊維方向に引張応力を発生させ乾燥した。dr-yingset材の半径方向の引張強度は負荷応力が高くなると,その平均値は一般的に上昇する。繊維方向についてはdryingsetの影響はうけない。破懐ひずみが最大になる点は乾燥温度と乾操中の引張荷重による。dryingset量の大小は弾性係数に対して著しい影響はない;写図4表1参7
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る