{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009147337447   整理番号:68A0216998

符号化非コヒーレント通信の同期づれによる品質低下

Performance degradation due to inexact timing for coded noncoherent communication.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 479-481  発行年: 1968年
JST資料番号: C0725A  ISSN: 0018-9251  CODEN: IEARA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
非コヒーレントの符号通信万式て同期が完全でないと通信の誤字確率が曽大する。この影響を知るために近似的に誤字確率と同期くずれとの関係を計算した。コード語が大きいディジット数で構成されている場合の近似計算によれば信号レベルの損失による誤字確率の増加は最大204 dB以内に盆ることが判朋した。同鰯符号通信の同期くずれについてはすでに論ぜられているが非同期符号通信方式の同期くずれこついては従来より検討されていないので本論はそれについては指針を与えている;参3
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る