{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009147923419   整理番号:68A0322754

18Oのγ放出準位の研究

A study of theyemitting levels in CHASE L F Jr KOHLER D A BECKER J A McDONALD R E
資料名:
ページ: 930-933  発行年: 1967年
JST資料番号: K19660274  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 予稿  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
18Oが17O+nに崩壊するしきい値8.047MeV以下の準位について19F(t,αγ)18O反応から調べた。αとγを同時計数し,γの分岐比を求めた。これより18Oの4.45,6.86MeV準位は1個のp1/2陽子が(sd)殻に励起してできたものであり14Cとの比較から19Fの基底状態が(S1/2)3配位をなすという仮定は誤ちであることがわかった;図2参5
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る