{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009171097767   整理番号:68A0336399

核燃料再処理排ガス中の放射性希ガスの吸着除去

著者 (3件):
資料名:
巻: 20  号:ページ: 93-94  発行年: 1968年
JST資料番号: G0185A  ISSN: 0037-105X  CODEN: SEKEAI  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
放射性希ガス,特に85Kr(半減期10.3年)についての対策が急がれている.除去法の1つは活性炭への吸着法であり,加圧下での吸着と常圧への減圧による脱着を交互にくりかえすPressure swing cycleは有利な方法である.本文はこの方法のperformance最適条件を求めるため,1~30kg/cm2Gの圧力範囲で少量の85Krを含むN2ガスの吸着破過曲線を求めた結果,放射性希ガス除去のためPressure swingを用いた活性炭吸着法が大量の排ガス濃縮に有力であることを確かめた:参2
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る