{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009186566810   整理番号:68A0165831

食品工業における多モーメント法の応用一課題,帰結,限界

Anwendung des Kultimomentverfahrens in der Lebens-mittelindustrie-Probleme,Konsequenzen,Grenzen.
著者 (1件):
資料名:
巻: 14  号: 11  ページ: 414-417  発行年: 1967年
JST資料番号: H0382B  ISSN: 0024-0028  CODEN: LEINA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 東ドイツ (DDR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
数理統計法の一種である多モーメント法を食品工業に応用した場合の実際とその利点および限界について記載;表2参3
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る