{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009193996498   整理番号:60A0025413

湿度の関数としでの建築構造材料の熱伝導率

Die WarmeleitfHhigkeit von Baustoffen in Abhangiceit von der Materialfeuchte.
著者 (3件):
資料名:
号:ページ: 144-147  発行年: 1959年
JST資料番号: A0353A  CODEN: AWTEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
耐火建築物は建物の熱絶縁性を問題にする場合,その熱伝導率が重要次因子と座る.ここに川砂,山砂,れんが,g種類の各種配合のモルタルの熱伝導率の実験結果を述べる.実験結果はT,工,Campan の接触温度法によっft.また一般に含水率の増大にしたがって熱伝導率は上昇し,水分0弟の時に比して川砂では17.5価,山砂では19.5価の時熱伝導率は7倍,れんがはう倍になつit.またセメント・を含まないか少ない割合のモルタルの場合には,含水率の少々い所で上昇した;図4表1参8
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る