{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009202228946   整理番号:68A0045172

0.0022~0.266eV領域のおうに対する中性子全断面積

The total neutron cross-section of sulphur in the energy range from0.0022 eV to0.66 eV.
著者 (2件):
資料名:
巻: 13  号:ページ: 152  発行年: 1968年
JST資料番号: A0481A  ISSN: 0004-7147  CODEN: ATKEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
標記に関する測定を飛行時間スペクトロメータによって行なった。試料のおうはま直径4.5cm,厚さ18.5gノcがである。測定は中性子エネルギーを0.0022~0.0095eVと0.008~0.266e Vの2つに別けて行なった。パックグラウンドはい、おうのある場合とない場合の1mmCdを通して測定した。以上の結果を図示している。この結果はま次のノ/v公式に相当するものでよく表わされる。=〔(00941/2土0.006)E+(1.31士0.09)〕barn(E:中性子エネルギ。上の公式をANL-5800やRainwaterらの結果と比較してよく致してると述べていいる;写図1参3
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る