{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009239032383   整理番号:68A0088530

小田急電鉄の自由監査体制

著者 (1件):
資料名:
巻: 16  号:ページ: 157-160  発行年: 1968年
JST資料番号: F0510A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
地方鉄道運転規則第12条によると,「軌道は1年に少なくとも1回検査しなければならない。」とあり,また第13条には,「橋,トンネル,転車台その他の線路構造物は2年ごとに少なくとも1回検査しなければならない。」とされている。しかし列車通過トン数の激増,運転速度の向上など近代鉄道の要求する検査体制としては,いかにものん気に過ぎる。したがって検査対象に応じて,より微密に検査の方法,週期などについて検討する必要があると思われる。この結果当社おいては検査体別は,日常,月例の検査を主体とし,そのチェッタとして年1回の総点検を行なっており,以下当社の自由監査体制の概要を報告する;写図4表4
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る