{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009246920596   整理番号:62A0096785

塩類排出性スルホンアミド投与ラットにおける低カリウム血症の阻止

Verhinderung der Hypokaliaemie bei mit saluretisch wirksamen Sulfonamiden behandelten Rattan.
著者 (2件):
資料名:
巻: 11  号: 12  ページ: 1130-1132  発行年: 1961年
JST資料番号: A0462A  ISSN: 0004-4172  CODEN: ARZNA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ラットにスルホンアミドを投与すると9週間にわたって塩類排出作用が見られ,低K血症を起す。グルタミン酸K(I)を同時投与すると低K血症は予防される。CCl4によって肝臓障害を起したラットを用いた場合も同様。Iの作用機序を考察

前のページに戻る