{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009256524214   整理番号:68A0173632

多粒径粒子の分布が不均一な混合物から取出出されたサンプルの分散の推定

The estimation of the variance of samples with-drawn from a random mixture of multi-sized particles.
著者 (1件):
資料名:
巻: 45  号: 10  ページ: 270-271  発行年: 1967年
JST資料番号: E0282A  ISSN: 0046-9858  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
上記のようなサンフ.ルの分散に対するBuslkの式とStangeの式を比較検討。その結果片方の成分の粒径分布範囲がせまいような2成分系に対しては,2つの表現式は全く同一。またBuslikの式を拡張すれば広い粒径分布をもつ多成分系にも適用できることが,stangeが多成分系混合物中の単一成分の分散に対して展開した式と一致したことから明らかになった;参5

前のページに戻る