{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009278279221   整理番号:68A0026072

圧電性半導体に細ける電流振動

Current oscillations in piezoelectric semiconductors
著者 (3件):
資料名:
巻: 38  号: 11  ページ: 4295-4309  発行年: 1967年
JST資料番号: C0266A  ISSN: 0021-8979  CODEN: JAPIAU  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
硫化カドミウムのような圧電性半導体において観測される電流振動は,試料内を音速で運動するところの高電場分域をしばしば伴う。この分域は音響電気効果の大きな成分によって物質内に発生する負性微分伝導度に起因する。この電場は,ドリフト速度が音速より大きくなるとき,印加した電場に対抗する。線形理論から,負性微分伝導度の開始のためのしきい値の条件を決定し,この理論がCdSについての実測値と一致することを示した;図15参38
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る