{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009284739854   整理番号:68A0065837

鋼板および鋼棒の焼ならしならびに焼入過程にわける冷却速度

Szybko stygniecia w czasie normalizowania i hartowania plyt i prtow
著者 (1件):
資料名:
巻: 19  号:ページ: 365-372  発行年: 1967年
JST資料番号: H0073A  CODEN: PIHUA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ポーランド (POL) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
二種の溶接構造用鋼鋼板。厚さ12~601mlの焼ならしおよび焼入過程における冷却速度を測定するための研究。その結果を同一材料から作り同一条件で熱処理された直径12~6anmの丸棒の冷却速度と比較した。オーステナイト化温度ぱ9200C で、温度変化は鋼板および鋼棒の中心深さと表面層にぷレ、て測定した;図27表4参7

前のページに戻る