{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009322023140   整理番号:68A0312989

中性子線照射した中のフォノン助勢光吸収英文

資料名:
発行年: 1968年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
記事区分: 原著論文  発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
NAKAGAWA M: G 509 J Phys Soc Japan U〔5〕1027-1034 (’68)原子炉の中性子線を照射することによ,・,てMgO単結晶中g色中心を創った。352と980nm帯の長波長尾上に現われたいくつかのするどいピータからエネルギー分離はKar oとHardyによこり計算された特性フォノyエネルギーと良く一致する。852 nm帯と980nm帯の検証を行ない,352 nm帯はある空格子点または欠陥と関係したCrイオン中心に帰属されるものであ1・,980nm帯はM’中心によるものであることを示唆する;写図10表2参19
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る