{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009332041473   整理番号:58A0035989

イソニコチン酸誘導体のアルキル化反応に対する感受性 (4-置換ビリジン列のNにアルキルを導入する際の感受性は置換基がエチルエステルの場合最大で,酸基は最少であり,ヒドラジドでは零であった)

Ricerche sulla suscettibilita alla alchilazione di alcuni derivati dell’acido isonicotinico.
著者 (2件):
資料名:
巻: 88  号: 4/5  ページ: 393-400  発行年: 1958年
JST資料番号: C0058A  ISSN: 0016-5603  CODEN: GCITA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イタリア (ITA) 

前のページに戻る