{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602009350921693   整理番号:58A0058160

中間周波合成・検波出力合成受信機の比較

Evaluation of IF and Baseband Diversity Combining Receivers.
著者 (2件):
資料名:
巻: CS-6  号:ページ: 8-13  発行年: 1958年 
JST資料番号: C0238A  CODEN: IRBSA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
対流圏内散乱伝搬通信において現在検波出力のSN比の自乗に比例して加える方法がもちいられ,さらに最近では中間周波における線形相加方式がもちいられつつある。理論的,実験的に両者を比較している。装置は複雑になるが,後者の方がマルチパスの状態においてひずみが少ないとのべている
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る