{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009367639231   整理番号:68A0288569

世界のコンクリート橋

著者 (4件):
資料名:
巻: 121  ページ: 116-121  発行年: 1968年
JST資料番号: G0925A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Beudorf橋はディビダータ,キャンティレバーエ法によって,Be-ndorfとS t,Sebastian間に架せられた。中央支間は208mである。この支間中央はピンチ構造であタ,この部のけた高は4・。4m,両端橋脚上で0げた高は10.45mと・xつている。橋面幅は3U.86m,主げたは幅7.2mで高さの漸減する箱げた2本併列である。箱げた肉厚は8037cmである。工事は1962年着工.1964年未完成した。使用コンクM-ト上部,下部工合わせて25.000m3である。設計荷重はDIN1U72.橋脚0不等沈下3cm迄を見込んだ。プレスドレストはPC鋼棒φ32mm,支承上0最大断面図:ぷいて560本の鋼棒を使使っている;写図1 2# 2
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る