{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009372852300   整理番号:68A0125560

希土類三塩化物における結晶場 II PrCl3における交換電荷効果

Crystal field in rare-earth trichlorides.II.Ex-change charge effects in PrCl3.
著者 (4件):
資料名:
巻: 47  号: 10  ページ: 4133-4136  発行年: 1967年
JST資料番号: C0275A  ISSN: 0021-9606  CODEN: JCPSA6  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
希土類イオンの5s2p6殼の配置励起は線形しゃへい効果があ,,4f電子の結晶電場を小さくする。n=6のパラメータは4fと配位子の重なりが静電的な寄与より大きいことを第1論文(同誌印刷中)で示したが,〓2>はそれでも静電しゃへいを考慮してもなお大きすぎる。5s2p6殻と配位子の重なりの第一の効果は希土類イオンの近傍での電荷を再分布し,これはイオンの静電場に影響する。配位子間の重なりも類似の効果を示す。この補正によりPrCl3でのA202>は実験値とよく一致する;表2参12
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る