{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009376314450   整理番号:68A0219571

アクティブソーナ送受波器の研究(パルス駆動時のキャビテーション発生限界について)

著者 (1件):
資料名:
巻:号: 60  ページ: 27-39  発行年: 1968年
JST資料番号: G0429A  ISSN: 0916-2852  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ソーナにおける送波器出力の限界を支配しているキャビテーションの発生限界についてそれらが連続波駆動に比べどれ程上昇するかの割合とパルス幅,繰返し周期などとの関係を求めた。その結果パルス駆動時の発生限界は連続波のそれより常に高くパルス幅20ms以下は蒸気性,以下は気泡性と考えられること,パルス幅2msの場合繰返し1p/s以下では発生限界は繰返しに無関係に一定であるがそれ以上では繰返しに依存し繰返しの増加について低下することなどがわかった;写図12参4
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る