{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年08月
文献
J-GLOBAL ID:201602009391287206   整理番号:58A0046429

沈殿試薬の再生と同時にカリグノストによるアルカロイド調整の可能性 (テトラフェニルほう素とアルカロイドの沈殿をナトリウムアルコレートまたはイオン交換剤によりアルカロイドを遊離させ同時に試薬を再生する)

Die Moeglichkeit der praeparativen Darstellung von Alkaloiden mit Kalignost unter Wiedergewinnung des Faellungsmittels.
著者 (2件):
資料名:
巻: 291./63.  号:ページ: 386-391  発行年: 1958年 
JST資料番号: A0451A  ISSN: 0365-6233  CODEN: ARPMAS  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 

前のページに戻る