{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009403097700   整理番号:68A0218775

高速ディジタルシステム網の同期化の新しい手段

A new approach to highspeed digital system network synchronization.
著者 (1件):
資料名:
ページ: 2421-2422  発行年: 1968年
JST資料番号: K19680006  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
高速ディジタルシステムに同期のとれていないディジタルデータをのせるにはパルススタッフィング方式がすでにあるが,本報はこの方式を改良したものを提案。入力信号より早めの速度で合成回路から出るよう余分のパルスを加える。一方固定したタイムスロット(チャネル)に監視データを送出する。そのデータは前おきをつけたあと速度差を吸収するために空スロット数などの表示に用いられる。各チャネルの速度差はエラスティクバッファストアを使用して速度の整合と監視データ用の情報が作られる;写図1参1
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る