{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009405804195   整理番号:68A0321949

現象論的光学模型ポテンシャルのエネルギー依存性

Energy dependence of phenomenological opticalmodel potentials.
著者 (2件):
資料名:
巻: 02  号:ページ: 65-75  発行年: 1968年
JST資料番号: D0209B  ISSN: 0375-9474  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
20Mev以下のエネルギーKIける陽子及び中性子の4・eによる散乱を忠実に再現する実数の光学模型ポテyジャルを求める。光学模型は。単に実験データのパラメー;タ化だけでなく,核子ポテyジャルの重要な情報源である。ここでは,パラメータに対し,エネルギーの一次の変化まで考慮した。スピン軌道結合項は中心カポテyジャルの中にピークをもっている。この結果から,陽子と中性子との間に:ポテyシャルの強さの差が見出された。これらの結果を表にして示し,さらにより立ち入った議論の可能性を論ずる;写図22表3参48
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る