{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009428378029   整理番号:68A0195504

微小粒子による連続粉砕の研究

Etude sur les broyeurs continue a microelements.
著者 (1件):
資料名:
巻: 31  号:ページ: 5-13  発行年: 1968年
JST資料番号: C0042A  ISSN: 0031-5761  CODEN: CHPIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ベルギー (BEL) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
石英ガラスなどの微小球を用いた連続粉砕装置の利点と欠点について。この装置では原料はポンプによ微小球を充てんした円筒に導入され,円筒内のディスクの回転により球がかくはんされて粉砕が行なわれる。球の充てん率,球径が粉砕度に大きな影響をもち,球径は原料粘度によって制約される。迅速な微粉砕が可能であ,製品の汚染がない。操作上,原料のCPV,粘度,速度(原料のかたさに応じた)を適正に保つことが必要である;写図6
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る