{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009458921975   整理番号:60A0089408

オレフィン系およびテルベン系エポキシ 新しい反応性希釈剤

Olefin and tarpons epoxides.Novel reactive diluents for epoxy resin formulations.
著者 (3件):
資料名:
巻: 37  号:ページ: 137,140,142,144,148,150,203  発行年: 1960年
JST資料番号: D0110A  ISSN: 0026-8275  CODEN: MOPLAY  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
オレフィン酸化物(エポキシオレフィン)やテルペン酸化物(エポキシテルペン)の性質とこれらがコーティング用あるいは注型用アミン硬化エポキシ樹脂のための反応性希釈剤として用いられるときそれぞれの場合について付与される特性など他の反応性希釈剤(グリシジルエーテル)を用いた場合のそれと比較し優秀な性能を確認.毒性少なぐ,粘度の低下.ポットライフの増加,曲げ強さの増加などの効果がある;図14表3参8
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る