{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009467701309   整理番号:68A0062192

簸Dよしみねボラについて

資料名:
号: 108  ページ: 19-24  発行年: 1968年
JST資料番号: G0064A  ISSN: 0387-0162  CODEN: BOKEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Dあの翻転経観にもとづき空気加熱方法や燃焼室しみねボイラH型ついて改良を行なったNHD型はボイラ効率も高,水冷壁構造に地組はトラックで10t/hまでトレーラに頼るか現t/hまでボイラの側面に2重ダれも可能で,ボイラ構造は2胴式でのいずものであるボイラ効け燃焼用空気を通し予熱を行なうトを設,気の減少と熱回収ダは各負荷にわたってほとんど変化せず過剰空するものとしているロータリバーナを使用したトの採用に起因。hnストによれば蒸気噴霧バーナに比して2~3po高いの騒音テ、るさらにNHD-2000型の昇圧時間曲線をしめしてい。;写図4表4
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る