{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009481457372   整理番号:68A0204972

配電地中化工事の費用算定基準を設定

Set pricing formula for distribution conversion.
資料名:
巻: 169  号:ページ: 36  発行年: 1968年
JST資料番号: B0447A  ISSN: 0013-4457  CODEN: ELWOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Puget Sound電力では合理化ならびに地中線化促進のため一定の工事費算定基準を決めている。12戸以上からなる1ブロック単位で地中線化を行なうこととし,1戸当り塗装の場合390ドル,非舗装で340ドル,引込線については1ft.あたり1.15ドル,その他詳細の基準を設定していて,全電化住宅の場合は6割の割引も行なっている。電話線その他との共用も基準化していて営業マンの苦労がなくなり,今後この方式で地中線化を積極的に推進し,補修その他の費用を節減する方針である。また最近架空配電線の工事費は上がっているが,地中線化工事費は漸減の傾向にある
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る