{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009493139511   整理番号:68A0133927

アランの化学xIIIアランとアセトニトリルとの反応

The chemistry of alane.XIII.The reaction of alane and acetonitrile.
著者 (2件):
資料名:
巻: 30  号:ページ: 53-58  発行年: 1968年
JST資料番号: C0301A  ISSN: 0022-1902  CODEN: JINCAO  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
前報(同誌3628’64)で当量のトリメチルアミンアランとアセトニトリルを反応させると,〔-A1(H)-N(C2H5)-〕nが生ずることを報告したが,ここでは両者の割合を変えた場合の反応生成物の変化を検討した。過剰のアセトニトリルと反応させると黄色で不溶性の,2つのイミノ結合を有する高分子物質を生じ,反応過程も副反応を伴い複雑である。また過剰のアランとアセトニトリルとの反応では白色のベンゼンに可溶性の固体が生成するが,化学分析の結果は,〔CH3CH2N(AIH2)2〕xNR3(X=1または2)に相当する。当量の混合物では前回と同じく高分子ポリ〔N-エチルィミノアラン〕を生成した;参13
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る