{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009494200770   整理番号:62A0024087

マグネシウムの過塩素酸表面腐食とマグネシウムイオンの原子価

Der Oberflachenangriff d5s Magnesiums,durch Perchlor-saure und die Wertigkeit von Magnesium Ionen.
著者 (2件):
資料名:
巻: 16  号:ページ: 535-539  発行年: 1962年
JST資料番号: D0054A  ISSN: 0026-0746  CODEN: MTLLA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
[過塩素酸溶液中でMgを陽極にして200mA/cm2以下の小電流密度で電解研摩が持続される。200mA/cm2以上では陽極表面が黒化する。この黒化部は顕微鏡下に美しい腐食像として観察される。電流密度が300mA/cm2以上では黒化した層(多分Mg(OH)2)で被覆される。層の色は懸濁している微細金属状Mgの存在状態に位存する。電電解研摩の際に認められるFaraday-法則からのずれは陽極溶解中のMg+イオンの形成よりは,微細金属粒による効果と考えられる;写16参20]
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る