{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009512964820   整理番号:60A0011460

重陽子中のK-捕獲によるΣ-n核破片発生の上限

Upper limit for production of〓-n hyperfragments by Kcapture in deuterium.
著者 (4件):
資料名:
巻:号:ページ: 428-430  発行年: 1960年
JST資料番号: H0070A  ISSN: 0031-9007  CODEN: PRLTAO  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
最近.Gondolfi他はΣ-n系の束縛状態の存在を明らかにした.PoisとTreimanは重陽子中でK-中間子が捕獲される際,そのような系が発生することを示した.彼らはΣ-n重陽子のような1Sか3S束縛状態を形成すると仮定した.ここでは227の実験をくわしく分析してΣ-(n)は反応,Σ-(n)+d→Λ(orΣo)+n+n(+n)にしたがうことがわかった.結果として束縛状態の形成に導くΣ-の発生は1%以下であるといえる
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る