{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009514193414   整理番号:68A0102293

へリコブタ.ータ羽根の失速フラッタ動的失速現象の特殊な場合

Stall flutter of helicopter rotor blades A special case of the dynamic stall phenomenon.
著者 (1件):
資料名:
巻: 12  号:ページ: 19-21  発行年: 1967年
JST資料番号: E0031A  ISSN: 0002-8711  CODEN: JHESA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
翼の迎え角が大きく動的変化をする揚合ニおこる動的失速現象の特殊な場合として,へサコプタロータ羽根の失速フラッタ現象を解説したもの。この失速ノラッタ現象は,高速,高負荷で飛行するヘリの後退羽根に対して通常の静的失速ょり大きい迎え角(NACA0012翼型で0.25C位置を軸にし迎え角変化率10rad/s,RN=3.5×105のとき約24°)でおるるため大きい過渡的揚力を発生し,また前縁から羽根の束縛渦が流出し羽根上面の負圧分布のビ一クが後縁側にズレるため頭下げの大きい過渡モーメントが発生するなど;写図6参3
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る