{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009523446007   整理番号:68A0187272

テーダマのフファイナー砕木ノぐルプでつくられたファイバーボード木材性質とボード密度の関係

Fiberboarda from loblolly pine refiner groundwood Effects of gro.ss wood characteristics and board density.
著者 (1件):
資料名:
巻: 18  号:ページ: 51-59  発行年: 1968年
JST資料番号: C0008A  ISSN: 0015-7473  CODEN: FPJOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
材は南部森林で商業的重要性が大きく,樹脂が比較的少ないテーダマッを使用,比重0.49%以下と以上,年輪密度61in以下と以上,形態的,化学的性質を区別する為に半径方向に心部(中心から10番目の年輪まで),中間部(11~20),外部(21~30)に分けて解繊し,それからハードボードを作性性質を調べた。そして秋材率は心部が0.262,中間部が0.339,外部が0.390であったが秋材率と比重は関係が無く,ハードポードの強度は比重の高いものから作ったものが大きく,心材からのものは強度が大きい;写図8表2
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る