{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009526101884   整理番号:60A0101814

トランジスタを使った基本回路

Grundsaltzliche Schaltungen mit Traneistoren.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 154-157  発行年: 1960年
JST資料番号: D0511A  CODEN: RLSTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
トランジスタの高信頼性,長寿命.小形,発熱しない,耐衝激性,速い応答性などの特長により,制御回路にトランジスタを使うと非常に能率がよい.それにはいろいろの回路が庭われるが,エミッタ接地とコレクタ接地が基本である.そのほか,トランジスタチ8°Fパ,一定位相の増幅器,位相弁別形の増幅器,ON-OFF制御用のシユミット,トリガ回路や,三安定回路,計数回路などを概説した
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る