{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009529310247   整理番号:68A0359285

清酒の色に及ぼす塩化アルミニウムの影響 III 糖とアミノ酸系の褐変に及ぼすアルミニウムの影響

著者 (1件):
資料名:
巻: 43  号:ページ: 519-523  発行年: 1968年
JST資料番号: F0052A  CODEN: HKZAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
糖とアミノ酸だけからなるモデル系にAlCl3を添加した場合には清酒の場合と異なり,かなり強い着色抑制効果を認めたが,清酒の場合認められた脱色効果は認められない.このことから,清酒には2種類以上の色素が含まれており,AlCl3はそれぞれの色素に異った機構で作用し,全体として着色防止効果を示していると推察:参30

前のページに戻る