{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009533931116   整理番号:68A0234343

最近の溶接用材料

著者 (1件):
資料名:
巻: 37  号: 24 別  ページ: 41-45  発行年: 1967年
JST資料番号: F0157A  ISSN: 0368-6337  CODEN: KNZKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
最近の溶接用材料の進歩は溶接施工技術の開発進歩と伴行するもので,この両者を関連させてのべている。(1)被覆アーク溶接:この方法は高能率化が可能で,溶接部の質の向上についての開発研究も進められている。(2)サブマージドアーク溶接:この方法では溶接金属の切欠じん性が低下するが,最近ではフラックスならびにワイヤが各種開発され,この点もほぼ解決された。(3)炭酸ガス溶接:この溶接法の利用は急速に高まりつつあり,60~70キロ高力綱用のワイヤや肉盛用ワイヤも開発され用途は拡大してきた。(4)オープンウエルドワイヤ。(5)立向自動溶接:比較的板厚の薄いものに対し利用分野を広めている;写図7表4
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る