{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009536104318   整理番号:68A0224722

1/|f|フリッカ雑音を中心とした|f|αスペクトル密度雑音の一般的な機構モデル

A general mechanical model for fIspectral density random noise with special reference to flicker noise 1fl.
著者 (1件):
資料名:
巻: 56  号:ページ: 251-258  発行年: 1968年
JST資料番号: D0378A  ISSN: 0018-9219  CODEN: IEEPAD  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
フリッカ雑音の原因を理解するために,スペクトル密度|f|αをもつランダム雑音の発生機構を解析した。すなわち,無限周波数と零周波数の極限におけるαの値αとαで特徴ずけられるすべてのせつ動のうち,そのランダム雑音がfの広い範囲で|f|α則をみたすためにはα〓α〓αが必要であり,またこのαに対して,寿命τに関する条件が示されている。このモデルはフリッカ雑音を含むた|f|α雑音の物理的モデルの定式化とその評価に対して,また計算機によるシミュレーションにおいて重要である;写図2参40
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る