{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009537376192   整理番号:68A0221558

磁性素子のスイッチ時間の測定

Switch time measurement for magnetic elements.
著者 (1件):
資料名:
巻: 10  号: 11  ページ: 1730-1731  発行年: 1968年
JST資料番号: E0292B  ISSN: 0018-8689  CODEN: IBMTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
磁性素子のスイッチ時間を測定し,所定の時間を越えるものを除去する測定器の時間判別回路を紹介。磁性素子に励磁電流を流し始めた瞬間からスタートするきょ歯状波発生器と電圧検出器から成っている。磁性素子のスイッチングをセンス巻線で検出し,その出力信号が一定の振幅に達したとき,きょ歯状波発生器をストップさせる。スイッチング時間が長いときにはきょ歯状波発生器の出力電圧が電圧検出器のスレッショルド電圧を越えて除去指令パルスが発生する;写図1
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る