{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009540780220   整理番号:68A0151262

食塩およびグルコースの存在下に生育したStaphylococcus aureusによる細胞外の高分子の蓄積

The accumulation of extracellular macromolecules by Staphylococcus aureus grown in the presence of sodium chloride and glucose.
著者 (2件):
資料名:
巻: 49  号:ページ: 127-137,136(1)-136(5)  発行年: 1967年
JST資料番号: E0043A  ISSN: 0022-1287  CODEN: JGMIAN  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
食塩およびグルコースを含む液体培地で生育したときS.aureusはたんぱく,RNA,DNAを培養液中に生成した。高分子の蓄積は対数期の終にはじまり,培養濁度の減少を伴なう。電子顕微鏡観察で細胞の融解が認められる。この現象の原因をメソソームの損失と考察;写16図4表1参26

前のページに戻る