{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009549248068   整理番号:68A0331601

ふっ化物のウサギの歯牙に及ぼす影響

著者 (1件):
資料名:
巻: 19  号:ページ: 822-852  発行年: 1968年
JST資料番号: F0744A  ISSN: 0368-5063  CODEN: KDIZAA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ウサギにCaF2およびNaFを少量,または大量投与により起こる歯牙の変化を検詞.歯牙に含まれるふっ素量は,対照群,CaF2量群,NaF少量群,CaF2大量群,NaF大量群の順に多い.表面粗そうさは0~30μの間にみられたが,対照群とふっ化物投与群との差はなかった.エナメル質表面硬度は群によってあまり差はなく,有意の差はNaF大量投与群のみで硬度の低下を示した,電顕で調べると,ふっ化物投与群は自然エナメル質表面ふっ素に起困する微細な凹凸が現われ,特に大量投与群に著しい:参61
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る