{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009550233171   整理番号:68A0139904

加水分解的に切断されるキレート剤のアルカリ土類金属とのキレート II N-カルボキシメチルシステインの合成およびそのピルビン酸との縮合

Erdalkalichelate von hydrolytisch spaltbaren Chelat-bildnern.II.ffber die Synthese von N-Carboxymethyl-cystein und seine Kondensation mit Brenztraubensaure.
著者 (1件):
資料名:
巻: 349  号:ページ: 37-40  発行年: 1968年
JST資料番号: D0262A  ISSN: 0018-4888  CODEN: HSZPAZ  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
システインのアミノ基にカルボキシメチル基を結合させてN-カルボキシメチルシステインを合成し,これにピルビン酸を縮合させて2-メチル-2,4-ジカルボキシチアゾリジニル-3-酢酸を合成した。この縮合物はカルシウムとよくキレートする。(すなわち窒素および3つのカルボキシル基とキレート,水分子が二成分子配位する)キレートの安定定数を,キレート剤-塩化カルシウム溶液でアルカリおよび酸滴定することにより求めた;写図1参13

前のページに戻る