{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009550917739   整理番号:68A0289706

構造物の資本度係数と連系係数の値について

НЕКОТОРЫЕ СООБРАЖЕНИЯ ЕНТОВ КАПИТАЛЬНОСТИ И НИЙ
資料名:
巻:号:ページ: 44-46  発行年: 1968年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
記事区分: 原著論文  発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
1967年No2の同誌所載論文(シベツォフほか)によると,資本係数と連系係数は一つの一般係数mkcで代表されている。しかし,前者は構造種別によって異なる係数であり,後者は運搬その他の構造種別に関係の少ない係数であるから,これらの内容を分数して算入しなければ計画の適正を期しがたい。筆者はコンクリート構造物および鉄筋コンクリート構造物について資本係数(Kc=Kc′・K2)と連系係数(Kc=Kk′・K2)の値を求める方法を述べ,さらに同様の法であらゆる構造種別についてKkとKcを求め,計画立案の適正化を図るべきことを述べた;表7
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る