{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009554794330   整理番号:68A0087459

電気自動車用としての燃料電池の考察

Analysis of fuel cells for vehicular application.
著者 (1件):
資料名:
号: 680082  ページ: 1-23  発行年: 1968年
JST資料番号: D0244B  CODEN: SAUPA   資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
各種の燃料電池について,その要素を検討したが,現在の技術では電気自動車に適合しうるものは作動温度200F以下の低温型水素一酸素燃料電池である各各種の水素源について,水素発生,生成水の除去,冷却,制御の附属装置の検討を行なった。次に11種の燃料電池について,NH3-空気のものを1として,試算価格を示した。上記低温型では0.71~1.34である。原価分析では電極費が最も高いが,装置別ではむしろ附属装置が高い傾向である。N鶏一空気で将来は150ドル/kwになるものと思われるが,その場合,蓄電池と組合せて乗用車に使用できると考える
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る